文字サイズ 大小
RSS 1.0
 二月十一日の「建国記念の日」、奈良・橿原神宮(久保田昌孝宮司)で勅使参向のもと天皇陛下からの幣帛を奉り紀元祭が斎行されたのをはじめ、全国各地で神武建国を偲び祭典や奉祝行事などが執りおこなはれた。都内では神社本庁が参画する「日本の建国を祝う会」(大原康男会長)主催の奉祝中央式典を挙行。また式典に先立ち、明治神宮の表参道で奉祝パレードがおこなはれ、盛大に「建国記念の日」を祝った。
>>> 記事詳細
 【東京】千代田区の日枝神社(宮西修治宮司)はこのほど焼却炉を新設し、昨年十二月十五日に火入れ式を執りおこなった。  同神社ではこれまで使用してゐた焼却炉が旧式となり、多量の煙が発生することが懸案となってゐた。
>>> 記事詳細
/images/オピニオン

論説

平成29年02月20日付
 二月十一日の建国記念日、東京では「日本の建国を祝う会」主催の奉祝式典が明治神宮会館で挙行された。かつては政府の後援による奉祝式典もおこなはれてゐたが、神武建国の意義や聖寿万歳をめぐって議論が巻き起こり、平成十六年からは完全に民間団体で実施することとなり今日に至ってゐる。自由民主党が選挙公約としたことでもあり、今年の式典においても、神武建国の精神が正しく受け継がれていくことを願ひつつ、...
>>> 記事詳細
 明治神道史研究の権威であり、住吉神社等の宮司も務められた、阪本健一大人の表題本が刊行された。平成二十七年、大人歿後二十五年の私家版『明治神道史余話』を拝読してゐた筆者は、より多くの読者に供覧されることを願ってゐた。私家版にない論攷が追加されるなど充実し、近現代史に興味を抱く者にとっては必読の書となった。  本書刊行の背景には、御子息・國學院大學教授阪本是丸氏に師事してゐる國大准教授藤本頼生氏の、...
>>> 記事詳細
/images/人事

【訃報】桑島亮宮司帰幽

平成29年02月20日付
 福島県田村市船引町東部台六―一、大鏑矢神社宮司の桑島亮氏(くはしまたすく、神職身分特級)が二月九日に帰幽した。享年八十二。
>>> 記事詳細