文字サイズ 大小
RSS 1.0
 文化庁は七月九日、ポーランド共和国・クラクフで開催されてゐた国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産委員会において、日本が世界文化遺産に推薦してゐた「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」の世界遺産一覧表への記載が決定したことを発表した。
>>> 記事詳細
 【大阪】大阪市住吉区の住吉大社(高井道弘宮司)では六月二十五日、府内の関西国際空港で神輿の奉輿を披露した。  この催しは同大社と同空港が共催し、今回初めて実施。訪日外国人に対し、日本文化に親しむ機会を提供したいとの空港側の要請に同大社が応へた。
>>> 記事詳細
/images/オピニオン

論説

平成29年07月17日付
 学校の夏期休暇を迎へるこの季節、神社界では教化活動や研修会が各地で活溌におこなはれることとなる。  青少年向けの教化活動としては、境内でのラヂオ体操や緑陰教室、神社・神道に触れる集ひなどが開催される。またいはゆる氏子・崇敬者に対する活動だけでなく、帰省した子供たちを対象に故郷の伝統行事を伝へるための試みなどもおこなはれてゐる。加へて、全国氏子青年協議会の全国大会なども、ある意味では斯界の次代を担...
>>> 記事詳細
 本書の作者である浜口倫太郎は、「ロードムービー」になぞらへた「ロード小説」を描きたいといふ構想を持ってゐたものの、日本では国土の狭さから、一週間もあれば物語が完結してしまふことが難点であったさうだ。ところが、神社好きの友人からの示唆で、神社について調べていくなか、「日本の神社数は、コンビニの五万より多い」といふ「驚愕の事実」を知り、神社を巡る「ロード小説」の構想がまとまっていったといふ。  各地...
>>> 記事詳細
/images/人事

佐藤文彦名誉宮司帰幽

平成29年07月17日付
 秋田県大館市中神明町一―五、神明社名誉宮司の佐藤文彦氏(さとうふみひこ、神職身分特級)が六月二十四日に帰幽した。享年八十八。
>>> 記事詳細