文字サイズ 大小
RSS 1.0
小林新会長が意気込みを  神道青年全国協議会は四月二十三日、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、インターネットを活用した第七十二回定例総会を神社本庁大講堂で開催し、金田祐季会長以下役員の任期満了にともなひ、昨年十一月の臨時総会で選出されてゐた小林慶直新会長をはじめとする新執行部について、副会長以下の役員人事が承認された。また、令和三年度の活動方針・事業計画や一般会計歳入歳出予算などを決議した。
>>> 記事詳細
 【茨城】鹿嶋市の鹿島神宮(鹿島則良宮司)では、新型コロナウイルス感染症の終熄が見えない中、参拝に赴くことが困難な人の代はりを務める者として約九十年ぶりに復活した「御師」が、毎月一日に「代参祈祷」をおこなってゐる。
>>> 記事詳細
/images/オピニオン

論説

令和3年05月03日付
 神道青年全国協議会(神青協)の定例総会が四月二十三日に開催された。  新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されるなか、会員の多くがウェブ会議システムを介して地元から参加。前年度の会務報告と決算の承認、新年度の活動方針並びに事業計画と予算の決議に加へ、任期満了にともなふ役員改選があり、昨年十一月の臨時総会で選出されてゐた小林慶直会長をはじめとする新執行部が承認された。  新年度の活動方針並びに事業計画...
>>> 記事詳細
 本書は「古事記の世界とは」「日本語とは」「天皇の御存在とは」といった、わが国の歴史・文化・伝統に係はる根源的な問ひに対して、幅広い知識とともに新しい視点を読者に提供する興味深い書である。また豊富な国際経験を有する著者の、わが国と外国との比較を踏まへての種々の所見も貴重である。  グローバリゼーションの世にあって、わが国の歴史・文化・伝統は閉鎖的・排外的なものであってはならない。「世界に開かれた日...
>>> 記事詳細
 國學院大學名誉教授、神社本庁教学委員・嘱託、神社新報社論説委員長の阪本是丸氏(さかもとこれまる)が四月十八日に帰幽した。享年七十一。
>>> 記事詳細