文字サイズ 大小

宇山卓栄著 『世界史で読み解く「天皇ブランド」』 世界史の専門家が 王室踏まへ皇統を

令和3年04月05日付 6面

 三月十六日、安定的な皇位継承の確保や皇族数の減少などの課題を議論するための有識者会議の設置を加藤勝信官房長官が明らかにした。
 そもそもは十数年前の小泉政権下の有識者会議において、提起された所謂「女性天皇・女系天皇」であるが、その議論には王室を有する世界各国の制度・歴史との比類が散見される。
 かくいふ私は高校一年で、すでに進学先を私立理系一本に絞ってしまったため、歴史はおろか国語の教科書すら手にすることはほとんどなかった。しかしこれでは埒が明かぬと手にした一冊がこちらである。

 世界史の専門家が萬世一系の天皇を世界の王室の歴史と類しながら紹介。

有識者会議の行方を懸念しながらも、世界史をまったく学んでこなかった私にとって大いなる糧となる良書である。
〈税込1650円、悟空出版刊。ブックス鎮守の杜取扱書籍〉
(神道政治連盟青森県本部事務局長・本紙通信員 浪打真彦)

関連書籍
[35290003] 世界史で読み解く「天皇ブランド」 新刊 おすすめ
円(本体価格 1,500円+税)
宇山 卓栄 著 / 悟空出版
詳細

読書 一覧

>>> カテゴリー記事一覧