文字サイズ 大小

神輿渡御に代へて 「御」を捧持し車で 焼津神社

神御を捧持し車に乗り込む鈴木宮司
神御を捧持し車に乗り込む鈴木宮司

 【静岡】焼津市の焼津神社(鈴木啓央宮司)では、八月十二・十三の両日に新型コロナウイルス感染症への対策を講じての例祭を斎行し、十三日には神輿渡御に代はり鈴木宮司が神御を捧持して自動車で氏子地域を回った。

 昨年は新型感染症の影響により、神事は厳粛に斎行したものの、神輿渡御については神御を宮司が捧持し、車で氏子区域を巡行する形に変更。今年は神輿を御用車に載せての渡御を検討してゐたが、県内での感染者が急増したため渡御を公表せず、昨年同様に神御を捧持しての巡行をおこなふこととなった。

各地の話題 一覧

>>> カテゴリー記事一覧