文字サイズ 大小

【新刊紹介】改訂復刊神社神道講話 小野祖教著・金子善光編著

令和6年07月08日付 6面

まことが神道の目的・原理 神道教化の礎を築いた名著

 本書は、宗教法人として設立されたばかりの神社本庁より「教化資料叢書」として、昭和二十四年に出版され、久しく絶版となってゐたものである。
 著者の小野祖教博士は、神社本庁参事、國學院大學教授などを歴任された神社界の先師である。このたび、神奈川・稲荷神社宮司で全国教育関係神職協議会常任理事の金子善光氏により、引用資料の再確認と用語や仮名遣ひの訂正がおこなはれ、さらに、著者の遺稿である「ならわし(習俗)の哲理」を加へ、改訂・復刊された。

 本書を通読し、神社神道の宗教としてのすばらしさが、改めて浮き彫りになった。本紙の読者諸賢におかれては、ぜひ御一読されるとともに、社頭講話等の際に参考とされることをお勧めする。
〈税込4400円、神社新報社刊。ブックス鎮守の杜取扱書籍〉
(秋草学園短期大学名誉教授・中村陽一)

関連書籍
[24148000] 改訂復刊 神社神道講話 初版 新刊 おすすめ
円(本体価格 4,000円+税)
小野祖教 著 金子善光 編者 / 神社新報社
詳細

読書 一覧

>>> カテゴリー記事一覧